EXPACT|新たな朝鮮へ 資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

【ベンチャーコラム第1回】高校生でもわかる!スタートアップ企業とベンチャー企業の違いとは?

5338 views
You can read this content about 8 minute(s)
【ベンチャーコラム第1回】高校生でもわかる!スタートアップ企業とベンチャー企業の違いとは?

スタートアップ企業とベンチャー企業、その違いは?定義とは?

皆様は「スタートアップ企業」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?

ベンチャー企業との違いは? IT企業と一緒?中小企業との違いは?

聞いたことはあるけれども、それぞれの厳密な定義や違いはイマイチわからないという方も多いかと思います。

本日はスタートアップ・ベンチャー企業とは何かについて具体的にご説明し、EXPACTのスタートアップ・ベンチャー企業の支援についてもご紹介いたします。

 

スタートアップ?ベンチャー?その社会的意義とは

そもそもベンチャー企業というのは「Venture(ベンチャー)」を由来とする和製英語です。ベンチャー企業の本場といわれるアメリカ・シリコンバレーでは「Venture」は、ベンチャーキャピタル(以下、VC*)などの投資機関を指し、日本でベンチャー企業と呼ばれるものはすべて「Startup(スタートアップ)」と呼ばれています。

そこから転じて日本では、シリコンバレーでいうStartup、投資機関から投資を受け革新的ビジネスを急激に成長させている企業をベンチャー企業と呼ぶようになりました。つまり、スタートアップ企業とベンチャー企業は企業活動の概要という点で非常に近しい存在であるといえます。

そんなスタートアップ・ベンチャー企業は、一般的に以下の3つの条件を持つといわれています。

 

前例のない革新性のあるビジネスを創造していること

スタートアップ・ベンチャーの本質はその革新性にあります。例え創業間もなく急成長を遂げている企業だとしても、既存の市場、既存のビジネスモデルであればスタートアップ企業ではなく、成長目まぐるしいスモールビジネスになります。まだ空いてる領域や市場を狙い、誰も価値を見出していないものに新たな価値を見出し、イノベーションに挑戦していくことこそがスタートアップ・ベンチャーのコアといえます。

 

 

事業が短期間でスピード感をもって急成長していること

スピード感をもってビジネスの創造に取り組んでいることも、スタートアップ・ベンチャー企業にとって非常に重要なことです。新たなビジネスの創造に取り組む企業にとって、自社のビジネスの正解というのはこの世のどこにも存在しておらず、その正解は自らの手で0から創り上げていく必要があります。もし、じっくりと高いクオリティを目指して創り上げたものが正解ではなかったとき、それまでの投資は一瞬で水泡に帰します。また、今やグローバルの時代、素晴らしいビジネスアイディアを思いついたとしても、世界のどこかには似たようなアイディアを思いついた人、すでに実現に向けて動き出している人がいます。そのため、なるべく早く安く失敗を繰り返し、たくさんのトライ&エラーを蓄積し、誰よりも早く正解を見つけ出す必要があるのです。

 

出口(EXIT**)戦略を目指していること

スタートアップ・ベンチャー企業は、明確な事業の節目としての出口(EXIT)戦略を持っています。スタートアップビジネスの場合、莫大なリソースを投資しても収益は出ないまま、次の運転資金は借入やVCからの出資などの手段で調達、という場合が多いです。そうした資金の出資元に対して、将来的には事業から利益を生み出し、リターンを還元する必要があります。逆に言えば、将来的なリターンの可能性を期待できるEXITまで見据えた戦略があることを証明しなければ、資金を出資してもらうことはできません。そのため、スタートアップ・ベンチャー企業は事業成長の明確なビジョンを持ち、その実現に向け果敢にチャレンジすることが重要なのです。

*Venture Capital(ベンチャーキャピタル)と呼ばれ、未上場のベンチャー企業に対し投資を行う投資ファンドの総称を指します。

**IPO(株式上場)やM&A(売却)をすることで、これまでの投資資金を回収し、利益を生み出すことを指します。

ベンチャーとスタートアップとの違い

現在日本では、先行して生まれたベンチャー企業というキーワードと使い分けられ、

ベンチャー企業の中でも特に創業初期の企業をスタートアップ企業と呼ぶようになりました。

尚、EXPACTでは資金調達のフェーズである投資ラウンドによって区別をしています。

シリーズAってなに?投資ラウンドや事業ステージごとの資金調達手法を分かりやすく一挙解説!

 

目安として創業から3年程度の、Angel(エンジェル)からPre-SeriesA(プレシリーズA)までのベンチャー企業を特にスタートアップ企業、それ以降を含めたEXIT前の企業をベンチャー企業と総称しています。

ちなみに、ベンチャー企業は小中規模であることがほとんどのため、中小企業との違いが分かりづらいですが、ベンチャー企業をベンチャー企業たらしめるのは企業規模ではなくその事業内容です。そのため、中小企業のベンチャー企業はたくさんありますが、中小企業だからベンチャー企業であるというわけではありません。

また、必要コストが比較的少ないIT・インターネット業界のスタートアップ企業が多いため、スタートアップ企業=IT企業という印象を持たれていた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、スタートアップは特定の業界でなければならないという条件はなく、世の中の様々な分野・業界で立ち上げられたスタートアップ企業が数多く存在しています。

スタートアップはその革新性とスピード感をもって、社会にこれまでになかった新しく素晴らしい価値を高い機動力で実装しうる可能性を秘めています。AI、ドローン、IoT、といった様々な技術の発達や、インターネットによるシームレスな世界の実現により、アイディアを即座に社会実装しやすくなった今、スタートアップという形態はまさにイノベーションのニューノーマルといえるでしょう。

 

スタートアップ企業の抱える課題とは

とはいえ、そういったスタートアップ企業がスピード感をもってイノベーションを起こすとき、どうしても直面する課題がリソース不足です。

人・モノ・カネあらゆる面で、チャレンジをするための燃料供給が間に合わず、志半ばで潰えてしまうケースが多々あります。

人財や設備が欲しくても資金がない、資金が欲しくてもノウハウがない。

地方スタートアップにおいては、より顕著にその課題が見られ、投資家(VC・エンジェル)に会う機会が圧倒的に少なく、周りにロールモデルとなるベンチャーも少ないためエクイティによる資金調達が進んでいない現状もあります。

エクイティ・ファイナンス

また投資家(VC・エンジェル)とどのように対話したら良いかわからない、どのようなプレゼン資料を作ればよいかわからないなどの声も数多く聞かれます。

そういった現状を受け、EXPACTでは、チャレンジする企業に寄り添い、不足しているリソースを補う形で支援を行っています。

 

EXPACTがスタートアップ・ベンチャー支援を行う理由

なぜ、EXPACTはリソース不足に悩むスタートアップ・ベンチャー企業への支援を行っているのか。そこにはEXPACTが掲げる2つのミッションが理由にあります。

「イケてる企業、チャレンジする企業をサポートしたい。」

創業者の髙地は地元静岡県の静岡銀行で勤務した後、デロイトトーマツにてベンチャー企業支援を経験しました。東京都内と異なり静岡県にはまだまだビジョンドリブンで突き進むような、仮説→検証を行うための製品を作るためのシード調達をするような、研究開発型のスタートアップが少ないのが現状です。結果、極端なスモールビジネスが多くなっているのではないかという課題意識を持っています。優れたビジョンを持ったイケてる企業を、そして、積極的なチャレンジをしている企業を静岡県でも支援したいと強く思っています。

 

「地方でベンチャー企業の生態系を作りたい。」

東京都と異なる地方のベンチャー企業の生態系を作りたいと考えています。そのためにはユニコーンやIPOはしないけどスモールM&A等のEXITがきちんとできる環境が必要ですし、出口戦略まで見据えたコンサルティングが必要だと考えています。また、地方のベンチャー企業は地方特有の地域課題にコミットしている場合が多く、そのような企業を支援するには都内ベンチャーとは異なる視座でのサポートが必要だと考えています。

 

EXPACTが選ばれている実績

先にも述べた通り、スピード感の必要なスタートアップ企業にとって、各分野の業務をすべて内製化することは人財、資金様々なリソース不足により難しい現状があります。EXPACTでは、資金調達、企画、広報、人事といった各分野のプロフェッショナルが在籍しており、企業ニーズ、事業フェーズに合わせ柔軟で真摯な支援をスピーディーに提供しています。

〈パートナー企業様方からのお声〉

【浜松 資金調達】HappyQualityが1億円の資金調達を達成。その成功の秘密を探る

【パートナー企業インタビュー】“一緒に成長”を掲げ企業の業務支援を行うWe Will accounting associates株式会社、事業にかける思いとは

 

EXPACTでは、これからもスタートアップ・ベンチャー企業がリスクをとってチャレンジできる世界を目指し、支援を続けてまいります。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE