大胆にリスクを取り、社会課題の解決と大きなリターンの獲得を目指す エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは? 「エンジェル」と呼ばれる理由については、英国で演劇事業に資金を供給する個人を表現した言葉に由来し、1978年に、ニューハンプシャー大学 ベンチャーリサーチセンター創設者のウィリアム・ウェッテルが、創業間もないベンチャー、スタートアップ企業に投資する個人を「エンジェル」と呼んだことから、この名称が一般化したと言われています。 エンジェル投資家とは、創業直後の比較的アーリーステージのスタートアップへ出資等の資金提供を行う個人投資家のことを言います。急成長が見込まれ、IPOやM&Aが見込まれるベンチャー企業に対して投資を行い、株式(普通株、優先株)やCE(コンバーティブルエクイティ)を見返りに取得するのが一般的です…