EXPACT|資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

新規事業開発を成功に導く考え方~基本編~

100 views
You can read this content about 5 minute(s)
新規事業開発を成功に導く考え方~基本編~

新規事業開発を成功に導く考え方~基本編~

『新規事業開発』とは何か。

そのネーミングのままで、企業が新しい事業を開発する事です。

何が新しい(新規)になるのか分類すると、

・技術やサービスが新しい

・市場が新しい

というケースがほとんど。

 

新しいかどうかの判断基準は、既存事業として社内に存在するか?

あるいは世の中に存在しているか?(またそれが受け入れられているか?)

などで判断すると良いです。

 

「これまでにないものを生み出す」と聞くと一見難しいように感じますが、

例えば、これまで店舗販売中心だった雑貨屋が、

WEBでも販売する事になった。これも新規事業です。

WEBという新しいチャネルに対し、新しい理解・学習・体制構築などが必要になり、立派な“新規事業”として成立します。

 

新規事業開発の大きな壁

「リスクを取って挑戦しても全然うまくいかない」

よくこういった声が聞かれます。

日経TECHSで行われた調査によると、

新規事業開発はうまくいくのか?

というアンケートに対して、

半分程度以上上手くいくと答えた方は26.3%。

うまくいくものは少ないと答えた方が67.7%という結果でした。

※日経TECHSから引用

 

ではどのようにすれば、新規事業開発が成功するのか?

まずは基本的な情報を整理していきましょう。

 

新規事業開発における2つのフェーズ

新規事業の立ち上げでは、

企画やアイデアを練って事業計画を立てる「プランニングフェーズ」と、実際に事業を立ち上げる「実行フェーズ」にプロセスが分かれます。

実行フェーズに移るためには、プランニングフェーズを経ることになるので、

プランニングはとても重要と言えます。

プランニングフェーズで何をすれば良いのか?

まずは徹底した調査です。

具体的には、新しい技術調査や市場調査をしますが、

おおよそは以下の流れになるケースで動いていきます。

 

1.ニーズの調査をする(業界調査)

=市場が「何を求めているのか」調べる

例)顧客へのアンケート、クレームや意見などの収集、社内でのヒアリング、外部への相談など

 

2.ニーズを整理する(課題の抽出・把握)

=収集した情報を整理し、課題を洗い出す。

例)世の中の課題、業界の課題、利用者の課題、社内の課題などを整理する

 

3.整理した情報をもとに、仮説を立てる

=課題に対しての解説策を出し、事業のアイデアを構築する

例)課題にしてのサービスアイデア出し。そこに必要な情報やリソースの整理、問題点の抽出と解決も合わせて実施

 

(4.仮説を検証する=実行フェーズへ)

 

1~3の繰り返しです。

事業計画立案のためには、

入念な事前調査と、仮説と検証の繰り返しです。

 

事業計画を練れば完成ではなく、

その後実際の検証に入るため、想定外の各種問題も勃発なども日常茶飯事です。

現実的な事業の実施まで持っていく必要があります。

 

また新規事業を進めるためには、事前の学習が不可欠です。

この学習を効率的に行おうとする手法があります。

 

「リーン・スタートアップ」という概念

簡潔にいうと、サービスが未完成の状態から仮説を顧客にぶつけて反応を伺い、改善を重ねるという概念です。

トライアンドエラー(仮説→検証)のサイクルを早めることで、

効率的かつ迅速に必要な知識と経験が身に付くというもの。

今のところ最も効率的な事業開発の手法の一つと考えられており、

多くの新規事業開発メンバーが活用しています。

リスクを可能な限り抑えるという意味でも推奨できる手法です。

 

まとめ

新規事業開発のまずはプランニングについて取りまとめました。

成功する新規事業開発のポイントは、

やはり顧客の要望に真摯に耳を傾け、様々なアイデアを出しながら、

既存の商品・サービスをベースに新たな市場・顧客を開拓する方法が多いと考えられます。

 

新規事業を立ち上げたいと考える方は多い一方、

「いきなり自分が中心に事業は立ち上げられない」

「何をどうしたらいいのかわからない」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

外部組織を活用することも有効な手段の一つです。

新規事業開発・事業推進にご興味のある方はEXPACTまでご相談ください。

「とりあえず1回話を聞いてみてほしい」という方も大歓迎です!

 

■お問合せはこちら■

 


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築アクセス解析ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE