EXPACT|新たな朝鮮へ 資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

EXPACTのM&Aアドバイザリーサービスについて

3938 views
You can read this content about 4 minute(s)
EXPACTのM&Aアドバイザリーサービスについて

増加するスタートアップのM&AによるEXIT

2018年11月の日経新聞記事によると、日本企業による国内スタートアップ企業の買収件数が49件(2018年1月~10月)と過去最高を更新しました。新規事業創出やシナジー効果の拡大、研究開発力向上を狙った大企業のM&Aが増えてきており、スタートアップやベンチャー企業にとってはEXITできる可能性が広がり起業のハードルも下がっていくきっかけになることが期待されます。

アメリカではスタートアップのEXIT手法としてのM&Aの選択肢は9割以上にもなっており、法律が整備されていることから買収側もEXIT側も成功事例が多数生まれています。

日本においても現状VCやCVC、大企業などから、リスクマネーを調達しやすくなっている背景もあり、IPO以外のEXIT手法として徐々にM&Aが注目されています。

またスタートアップのEXITとしてはIPOや大企業によるM&Aが一般的ではありますが、最近ではスタートアップ間での事業譲渡やM&Aも徐々に増えつつあります。

スタートアップ間のM&Aのメリットは、大企業のM&Aよりも機動力があり、企業文化がマッチしやすく、スピード感を持った計画や実行ができる点です。

スタートアップEXITとしてのM&Aの課題

一方で、日本におけるスタートアップのM&A成功確率はまだまだ低く、事例が少ないという課題があります。スタートアップに限らず、後継者不足や敵対的買収などにおいてもM&Aという選択肢はまだまだネガティブに捉えられる風潮も残っており、法律の整備に加えてM&A経験者による知見の共有や事例の蓄積などを行い、もっとスタンダードな手段になっていくことが望まれます。

EXPACTのM&Aアドバイザーの提供サービス

EXPACTでは、M&Aアドバイザリーサービスを行っております。

・スタートアップEXITとしてのM&Aアドバイス
・スタートアップ企業に対する戦略的投資支援やデューデリジェンス支援
・事業承継ニーズへのアドバイス
・スタートアップの将来性に関する不安の解消
・企業価値向上を図るための財務・経営アドバイス
・新規事業への参入(事業の多角化)、既存事業の拡大への支援

M&Aアドバイザーとしての役割

・スタートアップの戦略立案に関するアドバイス
・EXITのための情報提供・アドバイス、市場や規制等に関する調査
・M&A候補先への打診
・秘密保持・情報管理に関するアドバイス
・専門家(弁護士、公認会計士等)の紹介
・企業の財務・株価分析のアドバイス
・交渉に関するアドバイス
・契約書類作成に関するアドバイス

上記などになります。

EXPACTの強み

EXPACTでは、スタートアップのEXITとしてのM&Aや事業拡大・効率化に伴うM&A、事業承継や事業再生のためのM&Aなどの助言業務を行っており、強みは『機動力』にあります。

大手M&Aアドバイザリーと異なり、少数精鋭のため細やかにアドバイスできる点、親身なご相談を心がけております。静岡の地元企業とのコネクションや東京の最新のスタートアップ・ベンチャー界隈の情報収集を常に行っておりますので、顧客視点で最善のアドバイスを実施させていただきます。

些細なことでも話を聞いてみたいという方はお問い合わせください。

EXPACT COO 赤澤 宣明

 

【解説】スタートアップにとってのM&Aという選択肢

 


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築アクセス解析ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援

 

 

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE