EXPACT|資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

エクイティ・ファイナンスの革命的手法になるか?!「株式投資型クラウドファンディング」を徹底解説

97 views
You can read this content about 5 minute(s)
エクイティ・ファイナンスの革命的手法になるか?!「株式投資型クラウドファンディング」を徹底解説

エクイティ・ファイナンスの革命的手法になるか?!
「株式投資型クラウドファンディング」を徹底解説

企業の資金調達方法は大きく3種類あります。

アセット・ファイナンス
今ある「資産」を資金に変換し資金調達する
※売掛債権流動化(ファクタリング)等

デット・ファイナンス
誰かから借りる「負債」によって資金調達をする

③エクイティ・ファイナンス
誰かから投資をしてもらう「資本」によって資金調達をする

今回は③エクイティ・ファイナンスの中でも、新たな手法として注目が集まっている
『株式投資型CF(クラウドファンディング)』について解説します。

株式投資型CF(クラウドファンディング)

そもそも株式投資型クラウドファンディングは、
企業自らが直接個人投資家から出資を募る仕組みとなっています。

通常のクラウドファンディングと構図自体は全く一緒で、株式投資型クラウドファンディングのリターン内容が、株式等(もしくは新株予約権 / Stock Option)というだけです。

エクイティ・ファイナンスについては、これまでVC(ベンチャーキャピタル)や一部の有名エンジェル投資家、上場企業 / 大企業など限られた人にしかできませんでした。
しかし、株式投資型クラウドファンディングが登場したことで、一般の個人投資家が未上場のベンチャー企業に直接エンジェル投資ができるようになりました。

運営会社(後述します)の審査を通過した個人投資家から、一口数万円からインターネット上で簡単に不特定多数から出資を受けられる新しい仕組み
で、個人投資家側は破綻リスクを負うものの、IPOやM&AなどのEXIT時に大きなキャピタルゲインを得られる可能性があります。
低金利が続く中で、貯蓄から投資へ向かう個人投資家の受け口として徐々に人気が出てきています。

クラウドファンディングには様々な種類があり、
金融商品取引法の対象となるものと、
金融商品取引法の対象外となるものがあります。

●金融商品取引法の対象外●
・寄付型
・購入型

〇金融商品取引法の対象〇
・融資型
・ファンド型
・株式投資型

上記の分類になります。
金融商品取引法の対象外となる寄付型・購入型には規制がなく、消費者契約法、特定商取引法、割賦販売法等を守っていれば、自社サイト上にプラットフォームをつくって資金調達を行うことができます。

融資型・ファンド型・株式投資型は、金融商品取引法の規制対象になるため「第二種金融商品取引業」という免許が必要です。

細かく分類すると、融資型とファンド型は同じ二種免許でも異なる免許となり、株式投資型については「第一種少額電子募集取扱業」の免許が必要です。

いずれも「運営会社」に仲介してもらう必要がありますが、運営会社は金融庁をはじめ関係各所の厳しい審査を通過して認定されるため、まだ多くはありません。

FUNDINNO(運営元:株式会社日本クラウドキャピタル)

Angelbank(運営先:ユニバーサルバンク株式会社) ⇒ 旧エメラダ・エクイティ(運営元:エメラダ株式会社)

GoAngel(運営元:DANベンチャーキャピタル株式会社)

ユニコーン(運営元:株式会社ユニコーン)

の4社を覚えておけば十分です。

資金調達したいベンチャー企業は、運営会社のサイト内で出資を募っていきますが、こちらも運営会社ごとに審査を通過する必要があります。将来性や事業内容、ビジョンや経営メンバーの資質など、審査項目は多岐にわたります。
しかし、
自己資金を超える投資金額を負債もなく資金調達できる可能性があるため、ベンチャー企業の課題である“資金繰り”を円滑に、ビジネスを成長軌道に乗せるための新たな資金調達手段として注目されています。

課題として、
企業サイドは年間調達額が、株式投資型クラウドファンディングおよびその他の調達を含めて1億円が上限となること、
また個人サイドは、まだ1人が1社に対して年間50万円までしか投資できないといった規制があります。
※2019年10月現在

新株予約権という新しい資金調達

FUNDDINO新株予約権や株式投資型クラウドファンディングに近い手法として、有償の転換価格調整型新株予約権で調達するJ-KISS、なども注目を浴びています。

J-KISS(コンバーティブル エクイティ) は、
スタートアップが「簡単に早くシンプルに」資金調達を行える手法の一つになります。

詳しくはこちら
https://expact.jp/j-kiss/

FUNDDINO新株予約権も2019年にリリースされ、今後個人投資家の新たな資金の受け口として更に活況になるであろう手法と考えられます。
どのような資金調達であっても実現に向けては、事業内容や企画の影響も大きく左右するもののため、一度株式投資型クラウドファンディングについて知りたい、聞いてみたいという方はお問い合わせください。

EXPACTでは、エクイティのみならず補助金、銀行借入等の資金調達支援を行うコンサルタントが在籍しています。
ご興味がある方は、是非ともお問合せください。

 


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築アクセス解析ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援

 

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE