EXPACT|新たな挑戦へ 資金調達をデザインする

EXPACT | スタートアップの新たな挑戦を支援 | 資金調達 | 採 用 | 広 報 | M&A - Part 2 ( 2 )

起業とは、自分で会社を設立し、事業を展開することを指します。起業家は英語で「entrepreneur」といい、「自ら事業を興す人」を指します。企業家、事業家、実業家の言葉の違いは、企業家が会社を創立した人物やその会社の管理者を表している一方で、事業家は新規事業に取り組んだ人物やその事業の管理者を表している。実業家は既存のビジネスモデルに基づいて新たなサービスや製品を開発・展開する人物やそのビジネスモデルの管理者を表しています。

起業の方法には、個人事業主になる方法と法人を設立する方法があります。個人事業主の場合、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出すれば最低限の手続きが完了します。一方、法人設立の場合は手続きがより多く必要であり、司法書士や税理士などのサービスを利用して行うことが一般的です。
起業前には、事業戦略の練り上げや事業計画の書き上げなどが必要です。これらの作成から始めることで客観的な視点でビジネスを考えることが可能になります。