EXPACT|新たな朝鮮へ 資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

【会社設立準備】3つの法人印鑑 「実印・銀行印・角印」の違いってなに??

【会社設立準備】3つの法人印鑑 「実印・銀行印・角印」の違いってなに??

3つの法人印鑑の違いとは?

皆さんこんにちは。

会社設立に関する記事を更新中です。

関連記事はこちら、会社設立準備の記事一覧

起業して会社設立する際にどのような印鑑が必要になるのかというと、とりあえずは最低限一つの印鑑が必要となります。

設立登記の際に管轄法務局に代表者印(法人実印)の届出義務があるためです。

ここでは一般的に用意しておくことをお勧めする3つの印鑑について利用目的や効力を解説していきます。

会社設立時に準備しておきたい法人印鑑

実印:(代表者印、会社実印、法人実印、丸印)

銀行印:(銀行届出印、金融機関届出印)

角印:(社印)

起業して会社設立時に最低限準備しておくことをおすすめする印鑑は、実印、銀行印、角印の3つです。

それぞれの利用目的や効力について詳しくみていきましょう。

 

実印(代表者印、会社実印、法人実印、丸印)

実印は、代表者印・会社実印・法人実印・丸印などとも呼ばれることがあり、本店所在地を管轄する法務局に登録してあるものが会社の実印になります。

法務局で会社設立の手続をする際に、登録手続をする。

形式的には、法人登記を変更することも可能なとても大切な印鑑であり、実印が押されている書類は、その会社が正式な意思決定に基づいて捺印したものとして扱われます。

実印は会社を代表して使う印鑑ではあるのですが、会社の代表者の個人名は入りません。

会社自体が存続している時に、会社の代表者が交代することもあるためです。

 

基本的には、丸い印面の中に2重枠で作られることが多いのですが、その外枠には会社名などが入れ、内枠には、代表取締役印といった一般的に定款に記載する代表者の役職名を彫刻することが一般的です。

実印には、18㎜の丸印を用いることが多いが、実印は丸で、後述する社印は四角というのは単なる慣例であり、法律で形状が決められているわけではありません。

とても重要な印鑑で、一般的には厳密に保管されています。

会社を経営する上で、法律上必ず必要とされている印鑑は実印だけですので、日常的に業務で使うために、他の印鑑を作ることをおすすめします。

 

銀行印(銀行届出印、金融機関届出印)とは?

銀行印は、取引口座を開設する際に、銀行(金融機関)に届け出る印鑑です。

銀行印は、銀行届出印・金融機関届出印などとも呼ばれます。

預金の払い出しは勿論のこと、小切手・手形の発行にも必要となる銀行印は、実印同様、とても大切な法人印です。

会社を設立したばかりで、自分一人で様々な手続きを行っているうちは会社実印と法人銀行印が同一のものでも困ることはないでしょう。

銀行印と通帳さえあれば、金融機関で預金の引き出しができるため、必要に応じて経理担当者に預けることもあるが、金銭的な不正を防ぐためには、「一定額以上の送金・出金手続には役員の承認が必要」等、厳しい内規を定めておくとよいですね。

 

また、会社の実印(代表者印)を銀行印として届出することももちろん可能ですが、一般的には、会社の実印とは別に銀行印をつくります。

会社実印と法人銀行印が同じものだと、その唯一の印鑑が紛失した場合、あるいは盗難にあった場合、会社としての意思決定も、会社のお金を管理することもできなくなってしまいます。

また、上述のように、会社の実印は極めて効力が大きい印鑑であり、銀行印と同一にしてしまうと悪用のリスクが高まるからである。

 

角印(社印)とは?

角印は、日常的に多く使う印鑑で、社印などとも呼ばれることがあります。

「○○株式会社之印」というように記載され、会社の「認印」というと、この印鑑のことをいうことが多いです。

領収書、見積書、請求書など、実印を押すほどではない書類に押印が必要な場合に利用されます。

認印とはいえ、契約書に角印を押印した段階でその契約は有効になるため、社内での保管、管理には注意が必要です。

社員の誰もが捺印できるものであってはなりません。

 

角印に決まった形式はありませんが、一般的には正方形の四角い形状をしていることが多いです。

実印のところでも説明しましたが、代表印は丸、社印は四角というのは単なる慣例であり、角印も法律で形状が定められているわけではありません。

起業して会社設立する際には、とりあえず3つの印鑑(実印、銀行印、角印)を用意することをおすすめします。

今はECなどで3本セットで安く購入できますので、必要な方は探してみてください。

はんこプレミアム


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築・アクセス解析・ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE