EXPACT|新たな朝鮮へ 資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

日本政策金融公庫の資本性ローン(デッドファイナンス)

1266 views
You can read this content about 3 minute(s)

日本政策金融公庫の資本性ローン(デッドファイナンス)

融資限度額 4,000万円
ご返済期間 5年1ヵ月以上15年以内
ご返済方法 期限一括返済(利息は毎月払)
利率(年) ご融資後1年ごとに、直近決算の業績に応じて、貸付期間ごとに3区分の利率が適用されます

利率
売上高減価償却前経常利益率 貸付期間
5年1ヵ月以上
7年以内
7年超
9年以内
9年超
12年以内
12年超
15年以内
5%超 5.30% 5.60% 5.95% 6.20%
0%以上5%以下 3.15% 3.30% 3.50% 3.60%
0%未満 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%
担保・保証人 無担保・無保証人
その他
  • 本特例による債務については、金融検査上自己資本とみなすことができます。
  • 本特例による債務については、法的倒産手続きの開始決定が裁判所によってなされた場合、全ての債務(償還順位が同等以下とされているものを除く)に劣後します。
融資条件など
  • 審査時に事業計画書をご提出いただく必要があります。
  • 税務申告を1期以上行っている場合、原則として所得税等を完納されていることが必要です。
  • 四半期ごとの経営状況の報告等を含む特約を締結していただきます。

「挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)」によって、ベンチャー企業・スタートアップ企業の新事業展開・海外展開・事業再生等の取り組りやベンチャーキャピタルなどと組み合わせることで資金調達力の強化を図れます。

なお、技術・ノウハウ等に新規性がみられる企業という要件がついており、基本的には有名エンジェルもしくはベンチャーキャピタル、大企業等からの出資もしくは大型の補助金獲得、知財の保有等の対外的な信用力を示す必要がありますのでご注意下さい。

メリットとして、金融機関に対しては資本とみなされることで資本の充実による債務格付の向上、資金調達余力が増す等のメリットに加え、元金返済が期限まで据え置かれるのが大きな特徴です。

バーンレートを少しでも下げる必要のあるスタートアップにとっては使わない手はありません。

まず、国民生活事業の4,000万円を申請し、次のラウンド以降は中小企業事業の別枠3億円にもチャレンジしましょう!

 

これが基本!スタートアップのための資金調達3つの方法

 


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築アクセス解析ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE