EXPACT|スタートアップの資金調達を支援

ベンチャー / スタートアップ支援

RPAを活用して業務改善を進めよう!

216 views
You can read this content about 6 minute(s)
RPAを活用して業務改善を進めよう!

今、なぜRPAなのか?

皆さんは、新聞やニュースなどでRPAという言葉を見聞きしたことがあるでしょうか?

RPAとは「Robotic Process Automation(ロボティック プロセス オートメーション)」の略であり、「ロボットによる業務の自動化」を意味します。具体的にはデスクワークの内、定型作業を切り出し、PC内のソフトウェア型ロボットに代行・自動化するシステムです。

さまざまな業界で人手不足が叫ばれている中、RPAはその解決策として急速に注目を集めている技術です。大手銀行などを中心として、RPAを導入する企業はどんどん増えています。

この流れに乗り遅れることは、企業としての成長を逃すことになりかねません。

 

本記事ではRPAの魅力をお伝えするとともに、具体的な導入ポイントなどもあわせてご紹介します。

ぜひ皆さんの業務にお役立てば幸いです。

 

RPAの基礎を理解しよう

【RPAの概要】

まず、よくある間違いを2つほど紹介します。

 

よくある間違い①:人型のロボットが仕事をしてくれるの?

RPAは人型のロボットではありません。

手も足も無ければ、話したりもしません。

もっと言えば、物理的な機械や装置として存在するわけでもありません。

 

では何か?

「アプリケーション上で動作するソフトウェア」です。

rpa

したがって目に見えるものではなく、あくまでもパソコンの中に存在するものだと理解してください。

よくある間違い②:AIと同じものじゃないの?

RPAとAIは別物です。

何が違うのかというと、AIは自己学習能力を持っていますが、RPAはそうした能力を持っていません。

rpaRPAはあくまでも、あらかじめ決められた動作を忠実に反復して再現するものです。

RPAに適した業務

上記のように、RPAはなんでもできる万能な技術ではありません。業務内容によって、得意・不得意があります。ここではRPAを適用する業務を判断するための条件について解説します。

 

条件①:複雑な判断を必要としないルールベースの業務であること

RPAはあらかじめ決められた作業をするので、自分で物事を判断することはできません。(ここがAIとの違いですね。)とはいえ、「YES・NO」あるいは「10以上か10未満か」といった明確なルールベースでの判断は可能です。

 

条件②:音声認識を介さない業務であること

RPAは物理的なロボットではないので、音声でのコミュニケーションをとることができません。

しかし、最近では「音声認識型RPA」というものも登場しているようです。

ただ、認識精度はまだまだ甘く、実際の業務で使うにはまだ早いというのが現状でしょう。

 

条件③:紙媒体を介さない業務であること

RPAは目を持っているわけではないので、紙媒体のデータを読み込むことができません。

ただし先ほどの音声認識と同様に、最近では紙をスキャナで読み込んで処理するRPAがあるようです。

とはいえまだまだ精度は甘く、ミスに許されないような業務では使うことができないでしょう。

 

他にも細かな条件はありますが、まずはざっくりとこれらのことを理解してください。

こうした条件を知っておくと、RPA導入を検討する際の判断材料になります。

 

RPAを導入するメリット

ここではRPAを導入するメリットを、大きく3つ説明します。

rpaの導入メリット

メリット①:人的ミスの抑制

あらかじめ決められた指示にもとづいて作業するので、人的ミスが発生する余地がありません。

また疲れや体調不良によるケアレスミスも、当然発生しません。

 

メリット②:人件費の削減

RPA導入時のイニシャルコストおよびランニングコストがかかりますが、正社員やパートを雇うことを思えばコストを減らすことができます。

残業代の請求をされることもなく、労災やパワハラで訴えられることもありません。

 

メリット③:圧倒的な作業スピード

RPAの作業速度は、とにかく早いです。

お時間のある方は、動画サービスなどで「RPA 作業例」などと検索してみてください。

そのスピードに驚くはずです。

また、深夜でも休日でもロボットを動かしておくことが可能です。

月曜の朝に出社したら仕事がほとんど終わっている!なんてことも夢ではないでしょう。

 

RPAを導入する上でのポイント

前の章では、RPAに適した業務の条件について述べてきました。

ここではRPA導入を進める際に留意すべきポイントを2つ説明します。

RPAポイント

ポイント①:RPAの特徴を理解する

前述したとおり、RPAには得意・不得意があります。

不得意な業務を任せてしまうと、逆に生産性を低下させてしまうことになりかねません。

安易な導入をせずに、事前準備として業務の見極めが必要です。

 

ポイント②:利害関係者と合意形成する

RPAを導入すると、反復業務の大半をロボットに任せることが可能となります。

これは素晴らしいことなのですが、見方を変えると「人の仕事を奪う」ことにもなります。

となると、「自分の居場所を奪われてしまう!」と感じる社員が抵抗勢力となる可能性があります。

 

RPA導入で生まれた余剰人員を、どこに振り分けるか?

これを考えておかないと、社員の合意を得ることはできません。

社員の合意を得られないとRPA導入プロジェクトでは手戻りが発生してしまうので、要注意です。

 

まとめ

RPAの概要をざっくりと説明しましたが、いかがだったでしょうか?

 

使い方さえ間違えなければ、反復業務の大幅な削減・人件費の圧縮などを実現することができるはずです。

そしてヒトは「誰にでもできる単純作業」から解放され、「知的で高度な業務」に専念することができるようになるのです。

 

ただし、なんの準備も無しにRPA導入に飛びつくのは危険です。

 

どの業務をRPAに任せるべきか?

導入した場合の人件費削減効果はどれくらいか?

そもそも今の業務フローは適切か?

 

こういったことをきちんと精査すれば、RPA導入の効果はさらに高いものとなります。

「興味があるけれど、何からはじめればいいかわからない」という方は、下記までお気軽にご相談ください。

■お問合せはこちら■

 

 


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築アクセス解析ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE