EXPACT|資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

中小企業倒産防止共済のメリット、デメリット、その他注意点を解説!

中小企業倒産防止共済のメリット、デメリット、その他注意点を解説!

以前、中小企業倒産防止共済の概要と加入条件などについてまとめました。

関連記事:中小企業倒産防止共済の概要と加入条件

本日は、中小企業倒産防止共済加入のメリットなどについてまとめていきたいと思います。

中小企業倒産防止共済加入のメリット

 

連鎖倒産の危機に借入れ可能

あなたの会社の取引先が倒産してしまったため売掛債権が回収できなくなってしまうと、
あなたの会社自身の資金繰りまでも危なくなり、連鎖倒産の危機となります。
それでは具体的にどの程度の資金調達ができるのかを見ていきましょう。

結果から言えば、『実際の損害額』 と 『納付済掛金の10倍の金額』
のいずれか小さい額を貸してくれます。

より具体的な例を出してみましょう。
現在掛金を400万円納付済みの状態で、5000万円の売掛債権が回収できないという場合

5000万円(実際の損害額) > 400万円(納付額)×10倍 = 4000万円

ということで、4000万円の借入れができます。

掛金が全額経費で節税できる

払い込んだ掛金は、その全額が損金、または必要経費に算入できます。
掛金は月額5,000円~20万円の範囲で選択できます。

掛金総額800万円まで経費計上可能になります。

加入後にも増額ができます。
また、減額・掛止めもできるので、途中解約のリスクも軽減できます。
連鎖倒産のリスクに備えながら、掛金を全額経費計上して節税できるのはとても大きなメリットです。

解約しても掛金が戻ってくる

契約を解約した場合でも、解約の返戻金を受け取ることができます。
解約理由がなにであっても掛金を12ヵ月以上払っていれば
納付額の8割以上が戻ってきますし、40ヵ月以上納めていれば掛金は全額戻ります。
ただし、12ヵ月未満での解約は掛け捨てになります。
つまり、掛け金を40カ月以上納めていれば、経費節税分を貯金しているのと同じことになります。

取引先が倒産していなくても借入れ可能

中小企業倒産防止共済は、取引先事業者が倒産していなくても、
急遽、事業資金を必要とする場合に「一時貸付金」として納付期間に応じて95%を上限に借入れることができます。
(※12カ月以上掛金を納付していることが条件になります。)

返済期間は1年、利率は年0.9%となります。
ただし、今後、金融情勢等で利率は変わる可能性があります。

 

中小企業倒産防止共済加入の注意点

 

無利息だが貸付けを受けると利息分の掛金が消える

取引先が倒産してしまったため売掛債権が回収できなくなった場合、
「実際の損害額」「納付済掛金の10倍の金額」
どちらか小さい額を貸してくれるのはメリットの方でも説明しました。

この返済に関しては無利息になります。
どうせ無利息なら・・・と考える方もいるかもしれませんね。
しかし、中小企業基盤整備機構(中小機構)の契約内容に下記のような記載があります。

共済金の借入れは無利子です。
ただし、借入れ後は、共済金の借入額の10分の1に相当する額が払い込んだ掛金から控除されます。

例えば400万円納めていて、4000万円借りた場合、400万円はなかったものになってしまいます。

貸付時に10%利息を取られているのと同じことになります。

もし制度の利用を検討する場合は、十分に検討する必要があるでしょう。

 

納付期間が40ヵ月以下だと元本割れする

メリットでも述べましたが、この共済は解約時に返戻金を受け取ることができます。
注意点は、40カ月以上納付をしていなければ100%は戻ってこないということです。
40カ月未満だと元本割れしてしまします。
特に12カ月未満だと掛け捨てになってしまいます。
掛金納付月数に応じて辺戻金がいくらになるかの詳細は、
中小機構HPでチェックできるので、しっかり確認しておきましょう。

解約返戻金を受け取ったら全額が利益で課税される

こちらもメリットで説明しましたが、
中小企業倒産防止共済は、納付する掛金が経費計上できるということは説明しました。

それでは逆に解約して返戻金を受け取った場合はどうでしょう。
これは全額が利益となります。
すなわち、掛けるときは節税になりますが、
解約して返戻金を受けとる時には節税した分の税金を納めなければならないということです。

税法上、支給を受けた時点での益金(法人)、または事業所得の雑収入(個人事業)に算入されます。

最後までご覧いただきありがとうございました。
中小企業倒産防止共済はメリットも多くあり、安心材料にもなりますが、
注意点もあることがおわかりいただけましたでしょうか。
加入の際は、効率よく安心して事業を運営できるよう内容をよく理解して検討してみましょう。


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築アクセス解析ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE