EXPACT|新たな挑戦へ 資金調達をデザインする

EXPACT|スタートアップの新たな挑戦をサポート | スタートアップの新たな挑戦をサポート| 資金調達 | 採 用 | 広 報 | M&A |

ベンチャーキャピタル(Venture Capital、VC)とは、未上場の新興企業(ベンチャー企業)に出資し、株式を取得する投資会社や投資ファンドのことです。ベンチャーキャピタルは、将来的にその企業が株式を公開(上場)した際に株式を売却し、大きな値上がり益を獲得することを目指しています。

創業間もないベンチャー企業は、担保が不十分で銀行融資が得られないことが一般的ですが、ベンチャーキャピタルは事業内容や成功の可能性を中心に判断して出資を行います。また、資金提供だけでなく、経営支援を行うことで企業の価値向上を図ることもあります。

ベンチャーキャピタルにはいくつかの種類があり、金融機関系、独立系、大学系、政府系、事業会社系(Corporate Venture Capital、CVC)などが存在します。それぞれのベンチャーキャピタルは、投資基準や投資先が異なり、特定の目的や戦略に基づいて運営されています。

ベンチャーキャピタルからの投資を受けるメリットとしては、資金調達がしやすくなること、返済義務がないこと、事業提携がしやすくなることなどがありますが、一方でデメリットとしては、経営への介入を受け入れる必要があることや、株式の希薄化が起こることが挙げられます。