EXPACT|資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

ファクタリングとは?

342 views
You can read this content about 4 minute(s)

ファクタリング

ファクタリング(factoring)とは、売掛債権に保険をかけリスク回避したり、企業の持つ未回収の売掛金や受取手形などをサービス業者へ売却することで、売掛債権を早期資金化することです。企業間の取引では、先に商品やサービスを提供し、後から代金を回収する信用取引が一般的です。こうした掛取引では、売掛金の入金遅れだったり、貸倒れになることで資金ショートに陥ってしまう懸念もあります。そこでファクタリングを利用すれば、売掛先に倒産の恐れがある場合などに、あらかじめ保険をかけたり、未回収の売掛金を売却して早期に現金化でき、回収リスクをヘッジできます。またファクタリングを有効活用することでキャッシュフロー改善に大きく寄与します。

買取ファクタリング
買取ファクタリングは、企業が売掛金を早期に現金化したい場合に使われる手法です。売掛債権をファクタリングサービス会社(以下、サービス会社)に売却し、手数料を差し引いた金額が入金になります。手形割引に近い感覚で資金調達が可能です。銀行借入とは違い担保不要で、自社ではなく売掛先の信用力が審査対象となるため、審査に通りやすいというメリットがあります。また買取ファクタリングの種類には2社間および3社間ファクタリングがあります。

2社間は、早期に売掛債権を現金化したい場合に利用されます。売掛先には連絡する必要がなくファクタリングの利用が可能です。サービス会社に売掛債権を譲渡し、売掛先から売掛金の入金があった際には、サービス会社に代金を支払います。売掛先に売掛債権売却を知られることはなく、取引関係に悪影響を与えずに済むのがメリットです。ただし、回収リスクが高まるためサービス会社に支払う手数料は高くなる傾向があります。

最近では、AIを活用した審査で安い手数料を実現する「クラウドファクタリング」も注目です。申込~契約まで全てオンラインで完結、全国・24時間申込が可能なサービスとなっています ⇒ OLTAクラウドファクタリング

3社間は、ファクタリングを希望する企業とサービス会社、売掛先の3者合意のもとで契約します。売掛金は、売掛先からサービス提供会社に直接支払われ、2社間よりも手数料を安く済ませられる点が魅力です。ただし、3者間で合意形成するための段取りや資料の作成などの手間がかかってしまいます。さらに、取引先に資金繰りが苦しいといった印象を与える可能性についても留意しましょう。取引先に通知するにあたり、誤った情報が伝わらないように説明しなければなりません。

保証ファクタリング
保証ファクタリングは、買取型と違って資金調達を目的としていません。信用力について不安がある会社との取引などで、売掛債権の貸し倒れのリスクを回避できます。支払先が倒産・経営破綻により、売掛金が入金されない貸し倒れリスクをファクタリング会社が負う代わりに、対価として保証料を支払うことになります。万一、取引先の倒産などで売掛金が回収できなくなった場合には、保証会社が保証金を支払ってくれる仕組みです。サービス会社が取引先を信用調査して保証枠を決め、その枠内であれば、売掛債権の保証をしてくれます。

ファクタリングのメリット

・売掛金の早期資金化
・売掛先の財務状況が悪くなり、倒産した場合もファクタリング活用後には回収リスクは発生しない。

ファクタリングのデメリット

・売掛債権の金額範囲内のみ資金化できるため、売掛債権がない場合はできない。
・ファクタリング会社への手数料が必要。
・3社間での取引となった場合、売掛先企業への事前承諾が必要。

 

これが基本!スタートアップのための資金調達3つの方法

 


EXPACT株式会社(エクスパクト)

〒420-0852
静岡市葵区紺屋町8-12

050-5213-7333

資金調達支援(融資・VC・クラウドファンディング・補助金) / 新規事業創出・経営企画・実行支援 / 補助金申請・交付申請・補助事業管理支援 / 財務・経営改善・M&Aに関する助言指導 / Webページ構築アクセス解析ITツール導入支援 / SNS・広告等を活用した販売プロモーション支援

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE