【SPAC解説】日本でも解禁!?日本企業も米国市場に上場できる SPACとは?

最近、SPACというキーワードがニュースを騒がせています。例えば以下の通りです。 2020年12月21日、ソフトバンクグループは企業買収を手掛ける特別目的会社「SPAC」の新規株式公開(IPO)を米当局に申請しました。調達金額は5億2500万ドル(約540億円)以上となる見通しでハイテク企業投資ファンドで培ったネットワークを生かし、有力企業との合併を目指しています。 日本企業を合併の対象とする特別買収目的会社(SPAC)も上場している。SPACを発行・運用する「Evoアクイジション」は、米資産運用会社のエボリューション・キャピタル・マネジメントが設定。SPAC発行により1億ドル(約105億円)の資金を調達し、合併先のスタートアップ企…