【MaaS】トヨタのスマートシティで活用されるデジタルツインとは?

デジタルツイン技術を用いたスマートシティ構想        2045年の日本は、国際機関等の統計によると、日本の総人口は2053年に1億人を割り込むと言われる。ピークを迎える高齢者比率は2015年の26.6%に対して36.8%に上る。また、三大都市圏への人口集中に伴い(2015年51.4%から2045年55.6%)、国交省によると2040年には消滅可能性都市が49.8%になるという。 また2050年には世界人口の7割が都市に住むといわれ、急速に都市化が進んでいます。それらの社会情勢を背景に世界中でスマートシティの実現に向けた動きが加速しています。 トヨタ「コネクティッド・シティ」構想を発表 3つのポイント あらゆ…