EXPACTのM&Aアドバイザリーサービスについて

増加するスタートアップのM&AによるEXIT 2018年11月の日経新聞記事によると、日本企業による国内スタートアップ企業の買収件数が49件(2018年1月~10月)と過去最高を更新しました。新規事業創出やシナジー効果の拡大、研究開発力向上を狙った大企業のM&Aが増えてきており、スタートアップやベンチャー企業にとってはEXITできる可能性が広がり起業のハードルも下がっていくきっかけになることが期待されます。 アメリカではスタートアップのEXIT手法としてのM&Aの選択肢は9割以上にもなっており、法律が整備されていることから買収側もEXIT側も成功事例が多数生まれています。 日本においても現状VCやCVC、大企…