【2022年1月 改正電子帳簿保存法施行】小規模事業者・個人事業主がどのような準備をしておくべきかわかりやすく解説!

2022年1月より、改正電子帳簿保存法が施行されました。今回の法改正では、担当者の業務負担を大幅に軽減することを目的に、「電子取引」に関するデータ保存が義務化されました。 ただし、2021年12月10日に発表された与党の「令和4年度税制改正大綱」では、2023年12月末までに行われた電子取引については従来どおりプリントアウトでの保存を認めています。2年後の「電子取引」に関するデータ保存の義務化までに、小規模事業者や個人事業主の方がどのような準備をしておくべきか徹底解説します。 電子帳簿保存法の概要 電子帳簿保存法とは、帳簿(仕訳帳など)や取引書類(請求書、領収書など)の電子データによる保存を認めた法律です。各税法において帳簿や取引書…