【具体的施策】早期離職はここで起こる。水が溢れる前に、今すぐ実行すべき。

早期離職率は、30年間変わっていない 厚生労働省の調べによると、就職後3年以内の離職率は大卒就職者31.2%と、新入社員を3人採用しても、 3年後には、1人やめてしまう離職率になっています。 そして、このデータは約30年間、ほとんど変わっていないのです。 つまり、いつの時代も、どんな社会状況になっても、 若者の早期離職への嘆きを繰り返してばかりいるのが現状です。 ”令和2年雇用動向調査結果の概要” ちなみに、新卒を1名採用するのに、どれくらいの費用が掛かっているのでしょうか? 例えば、求人広告費用、採用ページ制作費用、採用代行費用、広報費用、人材紹介の成功報酬、 会社説明資料やリーフレットの制作費用、内定者研修費用、採用担当者の人件…