EXPACT|新たな朝鮮へ 資金調達をデザインする

ベンチャー / スタートアップ支援

四国の路線バス輸送人員から地方交通の現状を考える

615 views
You can read this content about 4 minute(s)
四国の路線バス輸送人員から地方交通の現状を考える

前回は、JR四国の経営状況に関する記事を執筆しました。(記事はこちら
今回は、四国4県の乗合バス(高速バスは除く)の輸送人員を取り上げます。地方交通の現状を見ながら、今後公共交通はどうあるべきなのか探っていきます。

現状の輸送人員

まず、四国4県と浜松市周辺の乗合バス輸送人員を比較してみます。

四国4県は1日あたり60,429人、浜松市周辺では1日あたり65,485人が乗合バスを利用していることになります。
もうお分かりでしょうか。四国4県分の人員を、浜松市周辺エリアだけで運んでいることになるわけです。
さて、人口あたりの利用率を見てみましょう。
人口は四国4県合計で3,870,210人、浜松市周辺合計で1,014,521人(浜松市・磐田市・湖西市)として計算してみました。

浜松市周辺では6.45%に対し、四国4県ではなんと1.56%。利用率は4分の1です。

なぜこうなったか

こうなった要因は大きく分けて3つあります。

(1)人口規模が小さい
四国は、島内の中央を四国山地が貫いているという地理的要因から、大きな都市圏が形成されませんでした。そのため人口が突出している都市もありません。県庁所在地の人口は25〜50万人規模ですが、それ以外で人口10万人を超えている市は4つしかありません。山間部は過疎が進んで人口希薄エリアとなり、乗合バスの需要はさらに減ってきています。

(2)モータリゼーションが進んだ
市街地が形成されていても鉄道路線が無いエリアでは、特にモータリゼーションが進行しています。郊外の住宅から、自家用車で郊外にある職場へ通勤、帰宅時にロードサイド店舗へ寄って買物…という構図は容易に想像できます。地方では一家に1台どころか、2〜3台の自家用車を所有しているのも普通のことです。
このような生活様式が浸透してきたため、乗合バスを利用する人は減少をたどっています。

(3)廃止や減便で利用者がさらに減った
これまで乗客が少なくても運行されていた路線が廃止されると、数字上の利用者は当然減ります。また減便されると、その便を利用していた人が利用しなくなり数字が減少することになります。(別の便を利用するようになった場合は減りませんね)
利用者が少ない→廃止や減便→さらに利用者が減る、という負のループになります。

総論
四国に限らず地方都市では、人口規模が小さい上に自家用車の所持率が高いため、公共交通を利用する人は非常に少ない状況です。公共交通を主に利用する層は高校生以下の通学需要や、高齢者の買物・通院需要に限られています。そのため、交通事業者は運輸収入で運行経費を賄うことが難しくなっているのが現状です。
四国島内の主要バス事業者は4社あり、いずれも県庁所在地を中心にバス路線を展開しています。

将来の理想像とまとめ

理想像は、行政、住民、事業者がそれぞれの立場においてしっかりと役割を果たすことです。
・各自治体は、地域交通計画などを策定し、住民や事業者と対話すること。そして道路計画だけでなく交通計画も進めていくこと。
・事業者は、「路線があれば乗ってくれる」時代ではなくなったと自覚すること。本当の意味で「利用しやすい」とはどういうことか、考え抜くこと。
・住民は、自らが公共交通を利用すること。
そもそも、これらの役者が揃っていないことも多々あります。3者がまず対話の土俵に上がらなければなりません。

そしてもうひとつは、それぞれの地域の実情に合うように、利用可能な交通手段を組み合わせることができるようになることです。
この記事で取り上げた乗合バスだけが「交通手段」ではありません。自家用車、徒歩、自転車、鉄道も交通手段です。出発地から目的地まで最適な手段で行くことができるような世界が実現できれば理想です。これはMaaSの範疇に含まれますので、別の機会に記事としてまとめることとします。

参考文献
出典:四国における運輸の動き 平成30年度報(四国運輸局)
https://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/content/unyu_h30.pdf
出典:遠州鉄道バスの乗車人員 (浜松市総務部 文書行政課)
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/gyousei/library/10_unyu-tuusin/documents/9-8_ensyuubus-jyousya.pdf(総数から貸切を除外しています)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE