【持続化給付金】コロナウィルス被害拡大により大きな影響を受ける事業者向け支援とは?

持続化給付金とは? コロナウィルス感染症拡大によって、特に大きな影響を受ける事業者に対して、 事業の継続を下支えし、廃業を防ぐため、国より事業全般に広く使える給付金が支給されます。   給付額 法人は200万円、個人事業者は100万円  ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限 支給対象 新型コロナウイルス感染症の影響により、 売上が前年同月比で50%以上減少している 中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランス を含む個人事業者を広く対象(資本金10億円以上の大企業を除く) Q&A 前年同月比▲50%月の対象期間はいつですか? 2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が 50%以上減少した…